シミ治療のヒント!みんなの意見

Presented by:シミ治療のヒント!みんなの意見

シミが気になる年齢・きっかけは?

30代に入ってすぐの頃に、まずほっぺたの真ん中にうっすらと小さなシミができてしまいました。続いて目尻の下にも、ポツンと茶色いしみが。最初はそれがシミだとはわからなかったのですが、年を追うごとに少しずつ大きく広がっていったので、それがシミであることをはっきりと認識しました。

30代
目尻の斜め下にやや濃い目の5ミリ直径ぐらいのしみ、ほっぺたの真ん中に2ミリ直径のシミ

20代後半になってから、シミが気になりだしました。日焼け止めや化粧をしてこなかったのが原因かな、と思っています。子どものころは真っ黒になるほど日焼けしていましたし、思春期以降も日焼け止めを塗っていなかったせいかと。

29歳
そばかすのような、ほくろの薄い感じのシミが点々と。

35歳くらいの時に先ず左側目尻横に出来たシミが気になるようになりました。シミの原因だと思われるのは20代で頻繁に行っていた海水浴です。当時はまだ若かったこともあり、日焼け止めどころかファンデーションも塗らず素肌のまま焼いていました。

50代
左側目尻の横にかなり目立つ一円玉くらいの濃いシミと全体的にある薄いシミ

30代後半、最初に気付いたのは37歳くらいです。普段化粧をしないのと、もともと小さいころからソバカスがあるので気付きにくかったせいもありますが、気付いた時には左頬に7ミリくらいのシミが数個出来ていてショックを受けました。子どもが少年野球をやっていたのですが、当番や試合応援など直射日光に長時間当たる時も日焼け止めを塗らなかったことが原因だと思います。気付いてからは日焼け止めを塗って気をつけるようにはしましたがこまめに塗りなおすのは難しかったです。

40歳
頬骨の下から耳前あたりにかけて直径7ミリくらいのシミが左頬5つ右頬2つ、結構濃いシミです。

30代の時にはもう濃いシミが幾つも顔に目立っていました。10代、20代と紫外線対策を怠っていたことや、あまり化粧自体が好きなほうではなくすっぴんでいることが多かったのがシミが多い原因かなと自分では思っています。

50代
両頬に1センチほどの濃いシミが6つほどあります

シミが気になりだしたのは30歳前後です。結婚を機に南国に住み始めたので、原因は紫外線です。が、もともとシミのできやすい体質(母親もそうなので)も関係あると思います。

40歳
ほほ全体に小さなシミが無数

20歳超えたくらいから気になり始めました。日焼けのせいだと確信しています。学生時代、テニス部だったのですが、母は「将来しみになるから必ず日焼け止めを塗るように」と再三アドバイスしてくれていましたが、学生の頃の私はピンとこなくて、また部活で汗をかくのでべたべたした日焼け止めは塗りたくないといつも日焼け対策をせずに部活をしていました。それが原因でしみになったと反省しています。

40代
そばかすのようにうっすら顔全体にあります。また、頬っぺたに小指の先大のしみがいくつか存在します。色はやや濃い目で、化粧をしないと結構目立ちます。

シミが気になりだしたのは、20代後半に入ってからでしょうか。それまで、夏にでも日焼け止めを申し訳程度にしか塗っていなかったことと、日傘や帽子など日焼け対策を全くしてこなかったことが一番大きな原因だと思います。

38歳
頬骨(目の下)あたりに転々と2~3mm程度のシミ

シミが気になりだしたのは30代になってまもなく、出産後の事です。両頬とあごのあたりにはっきり『シミ』と分かるものができ、ショックでした。自分で調べたり、産婦人科の先生に聞いたりしたところ出産にまつわるトラブルとしては良くあることらしく、先生にも『時間はかかってもいずれは薄くなっていきますよ』と言われたので日焼け止めをこまめに塗り、ファンデーションでカバーして過ごしていました。その後半年ほどかけて徐々に色は薄くなっていったのですがきれいには消えず、うっすらと残りました。

30代
両頬、目の下に1センチ大の丸いシミ

30代後半から急にシミが目立つようになりました。最初は気にしなかったのですが、シミの色が段々濃くなり大きくなってきたので気にするようになりました。若い頃(20歳前後)肌がきれいでみんなに自慢できる程美白でしたので、私は大丈夫と思い込み、肌ケアを怠り、日焼け止めをせず外出したり、夏に紫外線を受けたりしたのがシミの原因だと思います。若い頃から肌ケアをすることが大切な事を実感しています。

40代
右目の下に10円玉より少し大きなシミが2個並んでいます。薄茶色っぽい目立つしみです。

両頬など左右対称のシミの理由は知っていますか?

シミにはまだらにできるものと、左右対称にできるものがあります。

この左右対称にできるものは自分の普段の癖が影響しています。

特に女性に多いのがこの左右対称のシミ。なぜかというと、お化粧のブラシやパフなどの刺激で、メラニン色素が多く作られてしまうからです。

両頬のシミの原因 - http://両頬のシミ対策.com/

ここにも書いてあるように、シミは決して紫外線だけでできるものではないということ。この点を知らない人が多いため、知らない間に自分でシミを増やしてしまっているのです。

眼鏡もシミの原因になる!?

左右対称のシミと同じく、紫外線意外でシミができる代表例に眼鏡後の色素沈着があります。

化粧は基本的に1日1回ですが、眼鏡を常時着用している人は12時間以上眼鏡と鼻の付け根が接触しています。

眼鏡のサイズが合っていなかったり、眼鏡自体の重量が重いと、その重さに負けまいと肌が刺激に対して抵抗します。その際にメラニン色素が多く出てしまい、シミの元となります。

眼鏡後のシミ・色素沈着の原因

以上のように、普段の何気ない行動が取れないシミを増やしている可能性があります。

美白ケアに勤しむのも悪くありませんが、まず原因を突き止めて排除することも必要ですね。